メッセージ

当社は企業と投資家との対話の架け橋となる先進のコーポレート・レポーティング・サービスを提供しています。

エッジ・インターナショナルは、1990年の創業以来、海外投資家向けアニュアルレポートの企画・制作などコーポレート・レポーティング・サービスを中核事業に、日本企業の資本市場における「説明責任」の遂行や、レポーティングを通じた企業価値の向上を強力にバックアップすることを企業使命として邁進してきました。

近年は、統合報告やESGに象徴されるグローバル規模のレポーティング革命が進行するなど、企業のIRやCSRを取り巻く環境は大きく変化しています。企業は、より長期的な視点で企業価値を高め、持続的な成長を実現することが期待され、投資家をはじめとするステークホルダーとの関係性やコミュニケーションの在り方が再定義されつつあります。加えて国内では、企業と投資家との建設的な対話を求める2つのコードの導入に伴い、収益力や資本効率の改善に向けた経営変革の機運が高まっています。

こうした状況の中、当社ではレポーティングで経営変革を後押しし、同時にレポーティングを企業と投資家との対話の架け橋とすべく、新しい時代に適応したコーポレート・レポーティング・サービスの開発・提供に努めています。そのため当社自身も、国連がイニシアティブをとるグローバル・コンパクトやPRI(責任投資原則)に署名・参画するなど、独自の取り組みを図っています。

当社は今後も、コーポレート・レポーティングの専門家集団として、またコミュニケーションツールに関わるモノづくりの職人集団として、独自の使命を全うしていく決意です。地道で根気のいる仕事だからこそ、そして企業価値向上と健全な資本市場の発展に貢献できる意義のある仕事だからこそ、私たちは誇りと情熱を持って、これからもお客様へのサービス提供に努めてまいります。

株式会社エッジ・インターナショナル
代表取締役
梶原 伸洋
2017年 1月

メールマガジンの閲覧には、ユーザー名とパスワードが必要です。

閲覧

こちらのメールマガジンをご希望の方は、お問合わせフォームの「内容」欄に「メールマガジン希望」と記載の上、送信ください。