メッセージ

「企業価値デザインカンパニー」として進化を続けてまいります。

2020年は、コロナ禍で世界が大きく揺れた1年になりました。私たちの日常生活や価値観は一変し、社会全体が大きなパラダイムシフトの過程にあります。加えて、気候変動問題への対応も、待ったなしの状況になってきました。こうした中、資本市場においてはESG投資が一層の脚光を浴び、企業においてもESG経営の本質や実効性が厳しく問われる局面に入ってきました。

これにより、企業とステークホルダーとの建設的対話のプラットフォームである統合報告書は、より大きな役割を担うようになりました。また、これまで世界の統合報告をけん引してきたIIRC(国際統合報告評議会)が、SASB(サステナビリティ会計基準審議会)との組織統合を計画するなど、グローバル規模でより包括的な企業報告の基準やフレームワークづくりが進みつつあります。

当社は、こうした国内外における企業報告の動向を踏まえ、先進のレポーティング支援サービスの提供に努めるべく、 “すべては企業価値の向上と持続可能な社会の発展のために” を企業使命(パーパス)に、「企業価値デザインカンパニー®」”を目指すミッション経営を推進しています。

当社はこれからも、20年後、30年後の未来を考えながら、お客さまにとって掛け替えのないパートナーとして進化を続けてまいります。

株式会社エッジ・インターナショナル
代表取締役会長 梶原 伸洋
代表取締役社長 麻生 佳孝
2021年4月

メールマガジンの閲覧には、ユーザー名とパスワードが必要です。

閲覧

こちらのメールマガジンをご希望の方は、お問合わせフォームの「内容」欄に「メールマガジン希望」と記載の上、送信ください。