最新動向(IR関連ニュース)

グローバル人材に関する誤解

これまで、日本企業は、海外展開を積極的に進めてきたが、昨今は、M&Aによる海外事業の拡大が再び拡大してきている。こうした状況下で、グローバル人材の採用や育成の必要性が議論されている。ただ、そうした議論の中で、誤解されていることもあるように思われる。本稿では、再度グローバル人材とは何かについて検討する。

グローバル人材とは、どういった人材なのか。私個人は、多様な価値観を理解できる(受け入れられる)人だと考える。しかし、一般的にイメージされているのは、帰国子女や海外でMBAを取得した者で、海外法人や支店に勤めている人になるのではないだろうか。

それでは、日本企業の海外法人や支店の人々は、はたしてグローバル人材なのであろうか。もちろん、企業や業種によって違いはあるが、海外法人や支店の経営層は、日本人が占めているところが多いように思われる。海外で働いているといっても、その上司が日本人であるなら、コミュニケーションの方法は、結局日本流になる。もちろん、現地採用の現地国籍の人も社内にはいても、経営層が日本人であるなら、その社内文化は日本的である。すなわち、外国にいても、その価値観は日本のものと変わりはない。これでは、多様な価値観に触れることは少ないであろう。一方で、日本にいても、外資系で働き、その上司が外国人であるなら、そのような人の方がよほどグローバル人材に近いかもしれない。

また、帰国子女や海外MBA取得者が、グローバル人材の対象となるのは、彼らが異国の価値観に接してきたことが、評価されるからだ。しかし、もし彼らが留学中、日本人コミュニティにどっぷり浸っていたなら(現地の学校ではなく日本人学校に通っていた帰国子女や、日本人留学生と群れていたMBA取得者等)、はたして、グローバル人材の候補としてふさわしいかどうかは疑わしい。

したがって、グローバル人材は、なにも、帰国子女や海外MBA取得者でなくても、また海外で仕事をした経験がなくても、候補者は数多くいるように思われる。すなわち、様々な価値観が理解できる人であればいいのである。例えば、国内支店等の営業などで、様々な価値観の人々と接する仕事をしてきた人こそが、その対象であるように思われる。

その他関連ニュースはこちら (外部リンク:有料会員登録が必要です)

メールマガジンの閲覧には、ユーザー名とパスワードが必要です。

閲覧

こちらのメールマガジンをご希望の方は、お問合わせフォームの「内容」欄に「メールマガジン希望」と記載の上、送信ください。