ニュース

2018年1月1日
株式会社エッジ・インターナショナル
代表取締役 梶原 伸洋

年頭のごあいさつ 社会の変化を、成長のチャンスに!

あけましておめでとうございます。

昨年12月、政府は、「人づくり革命」「生産性革命」という2本柱の政策パッケージを掲げ、デフレからの脱却とGDP600兆円の実現を目指す方針を示しました。特に後者においては、コーポレートガバナンス改革をより強く推し進めることにより、企業の経営変革を促進しようとの意図が読み取れます。

1990年代、銀行の不良債権問題によって、企業経営への規律付けが失われ、多くの経営者はその痛みを経験してきました。その後約20年を経てアベノミクスが登場し、日本全体を再生する処方箋としてコーポレートガバナンス改革が掲げられました。ここでは、独立社外取締役がその規律付けを担うことになりましたが、日本企業の経営の特長に置き換えると、詰まるところは「誠実な経営の実践」につきるように思います。

企業が投資家との建設的な対話を実現するには、まずは企業自らが誠実な経営を持続的に実践し、ステークホルダーの期待を裏切らないことが大切です。そのための大変な経営努力の積み重ねこそが、結果として企業価値の向上をもたらし、同時に投資家とも良質で緊張感のある対話と長期的な投資につながるはずです。

当社の使命は、日本企業の誠実な経営の実践を見極め、投資家目線で深みのあるコーポレート・レポーティング・サービスを提供し続けるところにあります。私たち自身も、企業を取り巻く経営環境の変化に機敏に対応しながら、時代を先取りするサービスを提供する「企業価値デザインカンパニー」への挑戦を続けてまいります。本年もどうぞよろしくお願い致します。

本件に関する問い合わせ先

株式会社エッジ・インターナショナル
TEL: 03-3403-7750
E-MAIL: edge@edge-intl.co.jp

メールマガジンの閲覧には、ユーザー名とパスワードが必要です。

閲覧

こちらのメールマガジンをご希望の方は、お問合わせフォームの「内容」欄に「メールマガジン希望」と記載の上、送信ください。