ニュース

2017年8月9日
エッジ・インターナショナル

「統合報告で実現する企業価値の創造—日本における統合報告の現状2016—」を公開。

当社発刊の「統合報告で実現する企業価値の創造—日本における統合報告の現状2016—」(2016/12/12)をこのほどPDF版にて公開しました。
当社のESG情報開示/対話事業推進室が、最新の国内外の動向や、2016年版における国内の統合報告を独自な視点から調査し、編集をしたものです。国内の統合報告も300社に迫る発行状況になってきました。また、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が公式Twitterで委託運用機関が選んだ「優れた統合報告書」を公表する等、企業と長期投資家との建設的な対話(エンゲージメント)に資する、積極的な情報開示が重要なIR活動の一つの軸になりつつあります。加えて、日本企業の生産性革命による企業価値の創造も自らの国民一人一人の生活と密接なつながりがあるものと当社では認識しています。持続的な社会づくりに微力ながら貢献し、社会の役に立つサービスの向上にも努めていきます。引き続き、当社サービスや知見を通じて、企業と投資家の対話推進に貢献をして参ります。

関連リンク

本件に関する問い合わせ先

株式会社エッジ・インターナショナル
TEL: 03-3403-7750
E-MAIL: edge@edge-intl.co.jp

メールマガジンの閲覧には、ユーザー名とパスワードが必要です。

閲覧

こちらのメールマガジンをご希望の方は、お問合わせフォームの「内容」欄に「メールマガジン希望」と記載の上、送信ください。